セルフSEOの重要性

セルフSEOとは?

セルフSEOというのは、あまり馴染みがない言葉かもしれません。それはSEOは自社では到底できないと思っている企業が多いからです。しかし、SEOの最低限の知識を持つことは広報担当者に必要な最低限のスキルなのです。「セルフSEO=自分でやるSEO」の基本を知る事は広報をやる人全てに必要な知識です。

SEMアドバイザーの推進する「セルフSEO」とは自社内でSEOを施す(自分でやるSEO)ことをさします。今までは、SEO対策を全くしていないか、SEO業者に「全面的に」一任してSEOを施してもらうかという選択肢がほとんどだと思います。

しかし、セルフSEOは現代のようにコスト意識が求められる時代においては、広報担当者に求められる必須の知識とも言えます。

なぜ、広報担当者がSEOの知識を持つ必要があるのか?

広報担当者が最低限のSEO施策の方法を知っていれば、少なくとも、SEO業者に依頼をするにしても、選択をする眼を持った状態で探すことができるのです。また、今までは、言われるがままでよく分からなかった専門用語についても、理解した上で質問をすることができるようになるわけです。実際にSEOの知識を学ぶと、この意味を強く実感すると思います。

セルフSEOを学ぶ事での二次的効果

セルフSEOを施すことで、様々な二次的な効果があらわれてきます。それはコスト削減にとどまらず意識面にも大きく変化を与えます。

検索エンジンのアルゴリズムやインデックスの更新の際にも落ち着いて状況を判断し、どの要素が順位の変動に関係したのかを、自らが考えて行動することが可能になります。また、自社のホームページのコンテンツに対する意識が高まります。ホームページに記載するメッセージや画像、その他多くの部分に、「広報的戦略」を意識したコンテンツ作りが可能になります。

自社の商品を自社の人間より知っているものはいない

商品やそのユーザーの傾向を知っている広報担当者だからこそ、その売り方やキーワード、キャッチなどを、SEO業者やホームページ制作会社よりも正確 に作りあげることができるはずです。セルフSEOを学ぶことは、自社にとってプラス以外の何者でもなく、言い換えれば、覚えなくてはいけないスキルだとお考え下さい。